高校3年生 美大受験 お金の話

スポンサーリンク




女子 高校3年生 美大を目指す

ついこの前高校に入学したのに、もう高校3年生。

高校3年生と言えば、受験です。

我が家の一人娘のオシャマルは、美大受験をすると決めたようです。

東京芸術大学

美大はお金かかるよ。」とよく聞いたことがあります。

確かに私立の美大の授業料は高い。

例えば、武蔵野美術大学の造形学部は、初年度1,904,500円~1,940,500円2年次以降は、1,544,500円~1,580,500円。

実習費など考えると、4年間で700万円くらいかかりそうです。

もちろんその他交通費、材料費がかかりますね。

国立の東京芸大に行ってくれれば助かりますが、芸大は高倍率。

私立美大に進学することを考えないといけません。

しかたがない、覚悟しました。

かわいい一人娘の為です。

筆

でも受験勉強の段階で、結構お金がかかることを考えてませんでした。

都内には、大手予備校がいくつかありますが、学校によって強い学科があります。

例えば、御茶ノ水にある美大予備校は、デザイン科に合格者をたくさん出しています。

オシャマルは、油絵学科を目指しています。

油絵学科だと、新宿か池袋に有名美大受験予備校が合格者を多く輩出しています。

どちらの学校も学費は、同じくらいです。

夜3時間の授業を月曜から土曜日の週6日、年間45万円前後。

もちろん夏期講習、冬期講習は別途かかります。

計算すると、一ヶ月4万円弱ですね。

文系の大学受験もそのくらいかかりそうです。

4月入学前に春季講習に行きました。一日6時間、12日間で5万円弱でした。

まあこれも、他の学科と同じくらいではないのでしょうか。

油絵学科は何が違うかというと、画材にかかる金額です。

消耗品が多すぎる。

鉛筆、画用紙、油絵具、アクリル絵の具、キャンパス、木枠、筆。

鉛筆一本も200から300円、油絵具も600円から1000円(色やメーカによって値段が違う。)

春季講習の間だけでも、2万円はかかったのではないのでしょうか?

これからも画材費、相当かかりそうです。

絵具

美大受験は、学力もある程度必要です。

私立は、英語、現代文。

さらに国立は、社会などさらに一教科必要です。

学科の方は、独学か通信か予備校かまだ決めてませんが。

私は、家計簿とかつけたことありません。

夫婦お財布別々なので、お互いいくら持っているかよく知りません。

別に隠しているわけではなく、お互い関心がない感じです。

でもオシャマルの今後にかかるお金を考えたら、このままだとマズイぞと思い始めています。

いまさらですが。

猫

病気のこと。

オシャマルは、本当に小さい頃からを描くのが好きでした。

すごくおとなしい性格ですが、紙と鉛筆を渡しておけば、もっとおとなしくなる感じでした。

ただ絵が上手いか?と聞かれれば、それは別の話ですが。

私の身内は、美術系ばかりなので特に驚く事はなかったのです。

でも夫コリンマルの家系は、金融系のお固めな感じが多いので、どっち側になるかなと興味深々でした。

さくら

オシャマルは、ADHDなんです。

ADHDというと、多動や衝動性のイメージですが、オシャマルはそのどちらでもありません。

不注意と睡眠障害。

そして人間関係を築くのが苦手。

という症状です。

ADHDという病名がわかったのは、中学3年生の時。

担任の先生に、「いつも授業中寝ているけど、病気じゃない?」と言われ、病院に行ったのです。

睡眠障害については、薬を服用して今は授業中に寝ることはないです。

でもADHDって一生治らない。

普通の人が、簡単に出来ることがオシャマルには出来ない。

そんな事がたくさんあります。

だからこそ、大好きなことをやらせてあげたい。

「好きこそ ものの上手なれ」を信じて。

あとがき

やらなければならない事がたくさんあるのに、新しい動画が始まると見てしまう。

意思弱すぎです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする