高校2年生 東京マラソンに向けての練習。

スポンサーリンク




東京マラソンは、10キロまでは楽?

東京マラソンの10キロコースに当選した高校2年生の娘オシャマル、先日10キロを何分で走れるか測ってみました。

コースは、台場のシンボルプロムナード公園ランニングコース。1周5キロなので2周走ります。

お台場ランニングコース

出典:海上公園ナビ

タイムの結果は、1時間15分。女子の平均が1時間10分なので、平均より5分遅い事になります。

東京マラソン10キロの制限時間が1時間30分なので、まあなんとか時間内に完走できそう。

それに東京マラソンの10キロはひたすら下りなので、もう少し余裕かなと思います。

台場のシンボルプロムナード公園ランニングコースは、高低差7メートルとはいえアップダウンが何回もあり結構きついです。

下の図は、東京マラソンの高低図です。10キロまでは、すごい勢いで下っていくのがわかります。

高低差

出典:東京マラソン2018公式ホームページ

それでも、オシャマルはもう少し余裕をもってゴールしたいとの事です。

でも平日は部活が忙しくて学校から帰ってくるのが遅く、5キロ走るのが精一杯。

練習メニューを増やしたりはできません。

どうやら手っ取り早く速く走れるようになるには、ジョギングの最後200メートルくらい全力疾走する事らしいです。

早速、オシャマルはこの方法と取り入れてました。また来月タイムを測って効果を確認します。

オシャマル3

速く走るには、フォームも大事?

マラソン大会を見ていると、走るのが速い人はフォームもきれいですよね。

オシャマルを見ていると、フォームが今一つきれいではないなとよく思います。本やネットでもフォームについて書かれているけど、読んでもなかなかその通りできません。

私も、素人なのでオシャマルに教えることはできません。おそらく私もひどいフォームだし。

そこでランニングフォーム教室を探してみました。

皇居で、ランニングフォームを教えてくれる教室ありました。

株式会社トラックという会社が開催してますね。参加費2000円とリーズナブル。

スポーツエントリーから申し込めます。

夕焼け

あとがき

先日、原宿を歩いていたら「象印食堂」が目に入りました。

「象印食堂」とは、あのポットや炊飯器のメーカーの象印が期間限定で営業している食堂です。

「南部鉄器 極め羽釡」という象印の炊飯器で炊いたごはんを実際に味わえるんです。

お腹も空いていることもあって、思わず並んでしまいました。

並んでいるのは、原宿という場所にも関わらず中高年ばかり。

すごくおいしかったので、「南部鉄器 極め羽釡」の値段を見てみました。

びっくりの10万円超でした。もちろん、それぐらい価値はあるとは思いますよ。

象印食堂

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする