お台場 あじさい情報 2017年6月11日 「アナベル」満開です。

とうとう関東地方は梅雨入りしました。あじさいの季節です。お台場の「アナベル」の状況をお伝えします。

「アナベル」は、満開です。

お台場の「アナベル」は、満開です。真っ白の大輪は、見事です。

アナベル

特におすすめ場所が、シンボルプロムナード公園「出会い橋」の橋のたもと4か所です。

地図上にピンクの丸印を付けました。さらに青い星印場所は、橋から下の道に降りてみる事をお勧めします。

地図

青い星印場所の「アナベル」。

出会い橋

青い星印場所、橋の下の道に降りて撮影。

アナベル2

橋のたもとは、どこも「アナベル」が群生しています。

アナベル7

場所によっては、来週末でも楽しめそう。

アナベル

お台場のラベンダーの状況。

お台場のラベンダーは、薄紫色の花がたくさん咲いています。ラベンダーの横を通るだけでいい香りが漂います。

ラベンダー

ラベンダーの可憐な花から、強い香りがするのが本当に不思議です。

ラベンダー

ラベンダーの香りは、アロマテラピーでよく使われてます。その歴史は古いようです。

ラベンダーの香りは、リラックス効果が高いので、寝室でアロマを楽しむには、おすすめですね。

私も以前アロマに凝って、エッセンシャルオイル(精油)を色々な種類を集めたことがありました。

それまで、アロマテラピーに使用するエッセンシャルオイル(精油)は、植物から抽出した100%天然のものが当然だと思っていました。しかし実は人工的につくられているものが多く出回ってることを知りました。

エッセンシャルオイル(精油)は、抽出に手間がかかるし、満開のラベンダー1kgからたった6~10mlしか取れません。ラベンダーは、それでもバラなどよりも抽出できる量が多いようですが。

値段が高くなるのは当然ですが、手間を考えると人工で安く作ろうとするのはわかる気がします。

人工は、天然のものと同じ効果は期待できません。香は楽しめますが、脳に作用するリラックス効果は難しい。

やはり値段が高くても、天然のエッセンシャルオイル(精油)を使ってアロマテラピーを楽しみたいですね。

でも今の時期なら、無料で天然のラベンダーの香りを楽します。

梅雨の時期の晴れ間に、ラベンダーの前で深呼吸は最高の贅沢ですね。

ラベンダー

今日のまとめ

ラベンダーの前にいると、ミツバチが蜜を吸っていました。世界中でミツバチが突然いなくなるという話を聞いたことがあるので、お台場にはちゃんとミツバチがちゃんといる事に少し安堵しました。

でもミツバチには、刺される可能性があるので注意しなくてはいません。ミツバチは黒色に反応します。ラベンダーを見に行くときは、黒色を着ていくのはやめましょう。髪の毛も狙われるので、帽子も忘れずに。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク